×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドの見方と欠点

株の売買には、より細かく根拠のある予測が必要です。株価は生き物のようなものですから、日々動いています。その日々の動きを多角的に分析し、動向を読み取り予測する、そういった努力の結果が利益を生むのです。

 

今回はボリンジャーバンドというものについて簡単にですが説明しようと思います。ボリンジャーバンドとは?と尋ねられて、スムーズに答えられる方はあまりいないでしょう。ですが、ボリンジャーバンドとはという疑問に少しでも答えられるくらいの知識は、株に触れるためには必須ともいえます。

 

ボリンジャーバンドとは、移動平均線を元にしたテクニカル分析で、想定される値動きの変動帯を視覚化したものです。ボリンジャーバンドの幅が狭い時は相場が大人しく、ボリンジャーバンドの幅が広い時は相場が激しく動いている、などと視覚的な面から相場の動向を見ていけます。株の売買にはこれらのグラフや数値での分析は必要不可欠です。目で見て分かる分析は株の売買の大きな目安になりますから、参考にすると良いでしょう。