×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日系平均のボラティリティの計算

ボラティリティとは何か?

FXをやっている方やこれからはじめようと考えている方は、たまに「ボラティリティ」という言葉を耳にしたりしませんか?FXのボラティリティとはざっくり言うと、為替レートにおける変動率を表す言葉です。ですから、FXのボラティリティとは、値動きの幅を表しているものとも言えますね。業界の関係者などには、省略語として「ボラ」と呼ばれることもありますが、意味合いは変わりません。

 

このボラティリティをどう考えるかというと、通貨の変動率であるわけですから、ボラティリティの大きい通貨は値上がりする可能性が高いということです。逆から言えば、値下がりする可能性も高い、ということにもなりますね。ですから、FXのボラティリティとは、基本的に大きなリスクを伴うものなのです。

 

FXで利益を出したいのであれば、為替の差益を狙う必要がありますが、そのときに価格の変動率がそれなりに必要になってきますよね。ですから、FXにおいてボラティリティは、重要になってくるのです。